創価学会お仏壇
大唱堂

挑戦の夏 未来部にエールを!



 暑さをものともせず、日焼けした子どもたちの笑い声がはじける。未来っ子たちの心が躍る夏休みが始まった。
 未来部躍進月間(8月31日まで)にあたり、男女青年部の「21世紀使命会」、壮年・婦人部の「未来部育成部長」、進学推進に携わる学生部の皆さんをはじめ、後継の友の育成に人知れず尊い汗を流す同志に心から感謝申し上げたい。
 多感な未来部(高等部・中等部・少年少女部)の友にとって、家族の愛情ほど安心を与え、成長を支えるものはない。多忙な中でも知恵をわかせ、“わが家の夏の思い出”を築きたいものだ。
 今、テレビでは高校教師のドラマが大人気という。青春の苦悩に揺れる生徒を体当たりで指導し、人としてのあるべき生き方を教えていく。「正直に生きる」「あきらめずに挑戦する」「いじめは許さない」――こうした正しい生き方を、自らの振る舞いを通して語りかけてくれる存在を、子どもたちは心から求めている。そうした語らいを生む、最高の哲学を持っているのが、我ら創価家族であろう。
 特に受験生にとって、夏は勝負時。中・高等部員に真心の励ましを送るとともに、創価大学などのオープンキャンパス(学校説明会)も活用したい。
 月間中、各機関紙が主催する「第40回作文コンクール」(小・中学生文化新聞)、「第35回読書感想文コンクール」(高校新報)が開催される。世界を舞台に活躍する人材の輩出を目指す中・高等部合同の「第1回英語スピーチコンテスト」も行う(詳細は未来部希望ネットを参照。http://www.miraibu.net/)。
 また、シナノ企画のDVD対話シリーズNo.74「若き日の誓い――池田SGI会長の青春」では、池田名誉会長の青春時代を紹介しており、師弟の心を親子で語り合う糧となるだろう。
 友の幸福を真剣に祈る父母の後ろ姿。活動や仕事に挑む家族の姿。さらに、地域・社会のために対話に励む青年部の勇姿。これらはそのまま、子どもたちにとって最良の模範となり、創価後継の灯をともす光源となるはずだ。
 名誉会長は、未来部の友に「体を大事に」「お父さん、お母さんによろしく」「学会の未来を頼みます!」と、温かい励ましを贈る。その師匠の心をわが心として、日々の生活の中で若き友と“正義対話”を重ねていきたい。

社説 2009年7月25日 聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
(過去ログ)
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo