創価学会お仏壇
大唱堂

「絶対無事故」が幸福の基盤



 本年もいよいよ大詰め。師走の気ぜわしい毎日だが、朝晩の勤行・唱題で生活のリズムを整え、絶対無事故を期して1年の掉尾を飾っていきたい。
 警察庁発表の統計では、交通事故件数や、その犠牲者数が最も多いのは12月。飲酒の機会も多い時期だが、どんなに慣れた道や短距離でも、飲酒運転は絶対にしない、させないことだ。
 運転中の携帯電話の使用禁止、後部座席を含めたシートベルトの着用、制限速度の厳守といった交通規則は、実験や事故例から導き出されたルールであり、安全運転の基本である。十分な確認を行い、絶対無事故を心掛けよう。
 自転車で大きい物や重い物を運ぶ場合も、バランスを崩したり、転倒しないように注意したい。歩行者も一段の注意を払いたい。ひったくりや置き引き、詐欺が増えるのも、年末の特徴だ。
 「急がば回れ」――。冷静に一つ一つチェックして行動すれば、事故を未然に防ぐことができる。
 一方、急激な冷え込み、空気の乾燥などで、火災が発生しやすくなっている。
 火災の原因に暖房器具の誤用がある。石油補給時の油漏れや、洗濯物を暖房器具の真上に干したりすることで、出火したケースが増えている。
 また、コンセント周りのほこりや、液体洗剤がコンセントにかかってショートする事例もある。
 火災原因の第1位は放火。段ボールや紙ゴミなど燃えやすいものを屋外に放置せず、植え込みの手入れなどで見通しをよくすることも大切だ。
 近隣と協力しての夜回りや、あいさつなどで友好のネットワークを広げ、不審者が近づきがたい安心・安全の街としていきたい。
 日蓮大聖人は「かまへて・かまへて御用心候べし」(御書1133ページ)と仰せだ。
 信心即生活である。不摂生や無理をして事故を起こしては、家族や近隣にも多大な影響を及ぼす。
 基本に徹し、妙法のリズムにのっとった生活で、自身はもちろん一家の安全と幸福を守っていきたい。
 明年の「創価完勝・青年躍進の年」へ万全の準備で臨みたい。その第一歩は、心身の健康と無事故にあると決め、朗々たる祈りを根本に、晴れやかな新年を迎えよう。

社説 2009年12月24日 聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
(過去ログ)
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo