創価学会お仏壇
大唱堂

対話拡大の「伝統の2月」を



 いよいよ「伝統の2月」が開幕する。学会創立80周年の勝利へ、広布拡大の勢いは加速度を増している。
 「伝統の2月」の淵源は、昭和27年(1952年)にさかのぼる。同年1月、戸田会長は、24歳の池田名誉会長を、蒲田支部の支部幹事に任命した。
 前年の5月3日に戸田第2代会長が会長に就任してから、8カ月余。この時、学会は約5700世帯。戸田会長が掲げた75万世帯は、はるか遠い目標だった。厳しい局面を打開し、拡大の新潮流を起こすため、戸田会長は、若き名誉会長を広布の第一線に送り出したのである。
 名誉会長は、緊急組長会を開催し、「組」(現在のブロックに相当)で2世帯の拡大を力説した。名誉会長は、入会まもない組長の一人一人と会い、力強く激励。最前線の「組」から波動を起こしていった。こうして、「A級支部」でも1カ月で100世帯の折伏がやっとだったこの時、蒲田支部は、2月の1カ月で、限界を突き破る201世帯の弘教を見事に達成したのである。
 当時の友は、名誉会長の行動を「潜水艦のようだった」と表現する。会合で拡大を呼び掛けた後は、広布の最前線に飛び込み、見えない所で友の訪問・激励に徹した。「2月闘争」とは、若き日の名誉会長が絶対勝利の方程式を打ち立てた金字塔である。
 御聖訓に「日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱へしが、二人・三人・百人と次第に唱へつたふるなり」(御書1360ページ)と。妙法の戦いは、一対一の対話から始まる。
 今、青年部は、核廃絶の世論を高めるため、対話の輪を朗らかに広げている。婦人部大会の、にぎやかな声も列島に響く。壮年部は“壮年強化”を大きな柱に掲げ、粘り強い対話で新たな連帯を着実に拡大する。
 広布史に輝く大闘争も、目の前の一人に語り掛けることから始まる。この人を励ますのは私しかいない! 自分にしかできないこの尊い使命を自覚できるか。ここに、創価完勝を決する要諦がある。
 名誉会長は綴っている。
 「一人の友との深く、強い『友情』は、やがては地域、社会、国家間の『友好』の拡大への地歩となり、ひいては世界の『平和』の礎となっていく」
 「伝統の2月」、楽しい語り合いの花を、列島各地に万朶と咲かせたい。

社説 2010年1月28日 聖教新聞ご案内 SEIKYO online
聖教新聞
(過去ログ)
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo