創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞 今週のことば
3月23日
卒業・就職・転勤など 春は変化のとき――。 皆で温かく応援を! 創価家族とともに いずこも寂光土だ。

聖教新聞 わが友に贈る

3月23日
友と語り 心を結ぶ! 広宣流布とは 境涯の芸術だ。 大きく動こう!

3月22日
報恩の誠を尽くす 人生は晴れ晴れ! 師匠の恩 父母の恩を知り 誓いに生き抜け

3月21日
「仏法の根本は 信を以て源とす」 大確信で行こう! 強き一念から 仏力・法力は現れる

3月20日
「下種仏法」だ。 勇敢に語れば 生命に種が植わる! 関わり続ければ 必ず幸福の芽は出る!

3月19日
幸福こそ 人生の目的 不幸と戦い 勝ち抜く力を 祈り湧き出せ!

3月18日
リーダーは 自らの戦い 感動を語れ! 生きた言葉が 友を鼓舞する。

3月17日
「友情」こそ 人生の宝だ。 共に励まし 挑戦を競い合え。 君も我も勝利王たれ!

 名字の言 2009年3月23日
 ドイツの作家エンデの代表作『モモ』は、時間に追われて人間らしさを失う現代人に警鐘を鳴らすファンタジー。だが、エンデは「教訓話にして受け止めないでほしい」と▼小説家の小川洋子さんは「教訓にしてしまうと、一行くらいで物語を要約することになります。そういう簡単な一行ですませてほしくないという気持だったと思います」と補い説明する(『心と響き合う読書案内』PHP新書)▼「友情を大切に」と一言で言われるより、太宰治の『走れメロス』を読んだほうが、子どもたちは多くの“宝”を手にすることだろう。時代を超えて読み継がれる良書は、主人公と一緒にさまざまな出来事や出会いを“体験”することで、人生を豊かにしてくれる。それが「物語の力」だ▼自身が得た「信仰」や「師弟」の魂を、後継の友へ、いかにして伝えるか――。それには、相手が一緒に“体験”できるように語ることが大事ではないだろうか。その時は、どういう状況だったのか。師は、どのように振る舞ったのか。自分は、どう感じたのか……。具体的であればあるほど、はっきりと伝わる▼釈尊の弟子たちは、師の言動を「八万法蔵」と呼ばれる多くの経典として残した。私たちも、語り広める努力を惜しむまい。(糀)

2009年3月18日
2009年3月19日
2009年3月20日
2009年3月23日
聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo