創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞 今週のことば
4月20日
無冠の友の皆様へ 心から感謝の最敬礼。 健康で絶対無事故を! 我らは聖教とともに 正義と常勝の大前進!

聖教新聞 わが友に贈る

4月20日
今日も皆を元気に! 中心者の一念が 会合の勢いを決める。 とびきりの笑顔で 尊き同志を迎えよう!

4月19日
外交戦は 生き生きと! 大生命力で 相手の心に 爽やかな感動を残せ

4月18日
油断と傲慢は大敵! 無事故と勝利を しっかり祈れ 「叶わざるなし」の 絶対勝利の信心だ!

4月17日
勇気は伝播する。 自らが壁を破った 体験を語ろう。 同志の心に 決意と勝利の炎を!

4月16日
同志・友人・家族に 感謝の一言を 忘れまい。 心が通えば 喜びと活力が増す!

4月15日
「一生空しく過して 万歳悔ゆること勿れ」 最極の師弟の道を 悔いなく進む 完全燃焼の日々であれ

4月14日
勝利の人は 今日という 「一日」の 大切さを知る。 真剣の弟子たれ!

 名字の言 2009年4月20日
 詩人・宮沢賢治の未発表の草稿が発見され、話題になっている。詩は地図の裏に鉛筆で綴られていた。外出中、たまたま持参していた地図に、溢れる詩興を書き留めたのだろう▼大聖人の御真筆も、古い書面の裏に書かれたものが多い。紙不足の当時、門下が不要になった紙の裏を使ってもらおうと供養したものだ。例えば、現存している富木常忍にあてた書状などは「一二八通におよぶ多数の文書の裏に書かれている」(網野善彦『蒙古襲来』)▼大聖人は門下の苦悩を知ると、即座に激励を記さずにいられなかったのであろう。やむにやまれぬ思いから、お手元の紙に励ましを綴られた様子がうかがえる▼池田名誉会長も本紙で小説『新・人間革命』、長編詩、随筆など、励ましの言葉を贈り続ける。一人でも多くの友に立ち上がってもらいたいとの慈愛の表れだ▼電子メール、インターネット……どんなに意思の疎通が便利になろうと、魂がこもった文字ほど人の心を打つものはない。同志のため! 友のため! との迸る思いがあるからこそ、文字は前進の価値を生む▼きょう20日は本紙の創刊58周年。読者、無冠の友、販売店をはじめ、支えてくださるすべての方に感謝し、これからも希望と勇気の紙面を届けたい。(弘)

2009年4月15日
2009年4月16日
2009年4月18日
2009年4月20日
聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo