創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
5月25日
題目の音声は 常勝への師子吼だ。 満々たる生命力で 健康第一の前進を! 諸天を揺り動かせ!

聖教新聞ご案内 わが友に贈る

5月25日
信念に生きる 人生は深い。 その究極が信仰だ。 堂々たる対話で 感動の渦を起こせ

5月24日
「湿れる木より 火を出し」 勇猛の祈りで 不可能の壁を破れ 勝利の大開拓を!

5月23日
「広宣流布のため」 この大願の祈りが 絶対勝利の本因だ。 仏の智慧と勇気を わが命に呼び覚ませ!

5月22日
多忙だからこそ 強盛な祈りを。 限られた時間も わが一念で 大きく生かせる!

5月21日
強いことは幸福だ。 まず自分に勝て! そこから勝利への 破竹の勢いが始まる 誇り高く進め!

5月20日
今、何が必要か リーダーは 心を尽くし抜け! 友の心を軽くし 常勝の大行進を!

5月19日
一日の目標を 明確に! 「今日も勝った」と 晴れ晴れと飾りゆく 進歩の日々であれ!

聖教新聞ご案内 名字の言 2009年5月25日
 「一生懸命、表現のもっと豊かな女優になりたいと思います」――今月9日、自身の89歳の誕生日に、舞台「放浪記」の2000回上演を達成した直後の、森光子さんの言葉だ。国民的な大女優とは思えない謙虚で前向きな一言に、感銘を受けた▼森さんは、「放浪記」1000回の直前に、本紙「日曜てい談」に登場したことがある(1990年9月)。初演から29年のこの時、自身を楽天的と評して、「ちょっとしたことでも喜びは自分で膨らませて大きくしていくんです」と。苦しいこと、つらいことは「なるべく自分で小さくしてしまう」とも▼それから19年、上演記録は倍になった。何があっても「楽観主義」で乗り越える。ここに人生と舞台の“長寿”の秘訣がありそうだ▼仏法では「心は工なる画師の如し」と。人は心一つで前向きになれると説いている。落ち込んだときには「さあ、楽しくやろう!」と自分に声掛けしてみてはどうか。もちろん、心の軌道を修正するには、満々たる生命力が必要だ▼名誉会長は友に贈っている。「希望がなければ/自分で希望を創るのだ。/世界が暗ければ/自分が太陽と輝くのだ」と。自ら「希望を創り出す」生命力――この力を奮い起こすのが太陽の仏法である。(行)

2009年5月20日
2009年5月21日
2009年5月23日
2009年5月25日
聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo