創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
6月8日
世界一の婦人部に みなで最敬礼を! 母を大切に! 母の祈りに応えよ! 母に勝利の華冠を!

聖教新聞ご案内 わが友に贈る

6月8日
立つべき「時」 戦うべき「時」 それは今だ! 撰時抄の精神で 決然と波を起こせ

6月7日
我らは久遠の同志。 「異体同心なれば 万事を成し」の 不滅の御金言を 天下に示しゆけ!

6月6日
一人が立てば 環境は一変する! 皆の闘志を 沸騰させゆく 先陣の走者たれ!

6月5日
忙しいからこそ 魔の付け入る スキを作るな。 健康・無事故を 祈り勝ち取れ

6月4日
一念の変革こそ 勝利の根幹だ。 心のギアを 師匠に合わせ 常勝の大生命力を!

6月3日
心を揺さぶる 誠実の対話たれ! 「目の前の一人」に 仏縁を広げよう。 立正安国の大道を!

6月2日
昨日より今日 今日よりも明日と 勇猛精進を! 勝利へのスピードを 加速しよう

聖教新聞ご案内 名字の言 2009年6月8日
 「学生歌を歌ってはどうだろう」「音楽隊の皆さん、頼みます!」。先月の本部幹部会。池田名誉会長の提案で、創価大学学生歌を同大学の出身者が熱唱した。見事な演奏を披露したのは創価グロリア吹奏楽団▼予定外の演奏だった。学生歌の練習は、しばらくしていない。予備の譜面の束から、学生歌をすぐに取り出せるか。演奏開始まで、わずか数秒間。大丈夫か――。「でも、やるしかないと腹を決めました」と指揮者。「皆を見たら、“できます!”という目をして楽器を構えていた。仲間を信じて指揮棒を振りました」▼創大出身者の巧みなリードもあって、演奏は大成功で終了。名誉会長はじめ参加者から賞讃の拍手が寄せられた▼いざという時に的確な対応ができるか。皆で団結できるか。それは、ひとえに普段の訓練にかかっている。これまでコンクールで何度も日本一に輝いた同吹奏楽団。今回の名演奏も、日ごろの厳しい練習の賜だろう▼学会は偉大なる人間学の学舎だ。同苦、励まし、団結、無事故、そして勝利。確かな人生を歩むための「生きた哲学」を学ぶことができる▼さあ、きょうも勇んで友のもとへ! 学会活動に無駄はない。広宣流布のための苦労は、すべて、自身を飾る掛け替えのない宝となる。(駿)

2009年6月3日
2009年6月4日
2009年6月6日
2009年6月8日
聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo