創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
8月16日
「妙法の女性は 世界第一の宝なり」 創価の母に万歳を! 尊き母たちの祈りに 断じて勝って応えよ!

聖教新聞 わが友に贈る

8月16日
強気で行け! 強いことは幸福だ 妙法の力を 満身に漲らせ 断固と攻め勝て

8月15日
“これでもか”と 執念で語り込め! 「音も惜まず  よばはり給いて」 友の心を揺さぶれ

8月14日
壮年の勢いが 勝利を決する! 広布と人生の 最前線を征く 常勝将軍たれ!

8月13日
真心の一言が 相手を奮起させる 勇気の直言が 歴史を変える 「声」は力なり!

8月12日
青年が集い来る 創価の道! 「不可能を  可能にする」 若き変革の潮流だ。

8月11日
不得手にこそ 喜々として挑め! わが壁を打ち破れば 人生も社会も 劇的に変わる!

聖教新聞ご案内 名字の言 2009年8月16日
 フランス文学者の鹿島茂氏が書いていた。文豪バルザックの言葉で非常に感銘を受け、氏自身が標語にしているものがある。それは「進みながら強くなる」という言葉だ(「潮」9月号)▼バルザックは、事業を起こしては失敗。借金を返済するために小説を書く。成功すると新しいことに挑戦し、また失敗。負債をつくった。波瀾万丈の人生で見聞きした人情の機微は、数々の名作を生む源泉に。幾多の試練を前進の力に変えたのである▼横浜・保土ケ谷区の女子部の友。職場の上司に創価学会を語るには、自分はまだ力不足と思っていた。だが「勇気を出そう!」との学会指導に奮起。思い切って会合に招待した。上司は「多くの若い女性が信念を持って取り組んでいる。その姿に感動した」と、予想外の高い評価を。彼女は今、次々と新たな友に学会の真実を語っている▼「失敗を恐れない――女子部は、これでいこう! 何があってもへこたれずに、前へ、前へと進むことだ」と池田名誉会長。仏法では万人に無限の可能性が備わると説く。力がないのではない。出していないだけだ。勇気を奮い起こそう! 勢いよく挑戦しよう! 困難と戦って培った力は、必ず次の前進に生きる。人は進みながら強くなるのだ。(薬)

2009年8月12日
2009年8月13日
2009年8月15日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo