創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
11月8日
信心は勇猛精進だ。 勇んで座談会へ! 確信の対話を広げよ 真心の励ましを贈れ わが地域の快進撃を!

聖教新聞 わが友に贈る

11月8日
きょう一日を 朗々たる勤行・唱題で スタートしよう! 声は力なり。 凛と響く声で勝て!

11月7日
正しき人生は 正しき哲学から! 学会は御書が根本 教学を学び合い 生涯の原点を築け!

11月6日
報告に対しては すぐに手を打て。 スピードが大事だ! すばやい反応こそ 信頼と勝利の道!

11月5日
新しきリーダーよ ベストを尽くせ! 君の真剣と誠実から 勝利への歯車が 回り始めるのだ!

11月4日
「さいわいは心より いでて我をかざる」 感謝の人は美しい! 謙虚な心こそ 大成長の源だ!

11月3日
青年こそ 勝利を開く力! 大胆に動き 勇敢に語れ 断固と勝ちまくれ

聖教新聞ご案内 名字の言 2009年11月8日
 青、赤、金色……スプレーペンキで落書きされたコンクリートの一片。以前、知人から送られた「ベルリンの壁」の破片を手にし、ドイツの人々の興奮に思いを巡らしたことがある。1989年11月9日、「壁」が崩壊し、明日でちょうど20周年▼欧州を二つに分け民衆を引き裂いた壁。それは、全長155キロにも及んだ。池田会長(当時)は、壁が作られ始めた2カ月後に、西ドイツに渡り、分断の悲劇のこの壁を目にした。そして、30年後には、必ず取り払われているだろうと、強い調子で語った。壁は、人間の心に巣くう魔性の象徴。分断の命を善の連帯へと転換していくには、一人をどこまでも大切にする人間主義の発現が求められよう▼ドイツのSGIメンバーが語っていた。「何百万人もの市民が街ごと縛られた牢獄――この崩れることがないと思われていた壁の崩壊は、世界市民の平和への思いによって実現した」▼今、好評を博している小説『新・人間革命』第20巻。名誉会長は綴っている。「人類が結束して行うべき最大の事業――それは恒久平和の建設である」「そのための人類結合の『芯』となる絆を創ろう」と▼世界192カ国・地域に広がる我らの連帯こそ、その「芯」であり「絆」である。(葉)

2009年11月3日
2009年11月4日
2009年11月5日
2009年11月7日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo