創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
11月16日
輝く「創立の日」を 全世界が祝賀! 新たな拡大の行動を 自分から起こすのだ。 師弟不二の祈りで!

聖教新聞 わが友に贈る

11月16日
末法の功徳は 「冥益」が根本! 辛くとも負けるな。 広布に生き抜いた者が 最後は勝つ信心だ!

11月15日
道なき道を征く 世界広布の開拓者を 三世の諸仏が讃嘆! この尊き求道の姿に 心して学び進め!

11月14日
寒暖差に注意! 大丈夫と過信せず 暖かめの服装を! 「前前の用心」こそ 健康・勝利の根本だ

11月13日
陰で頑張る人に 最大の励ましを! 無関心は無慈悲だ。 こまやかな配慮に 喜びと福徳が広がる

11月12日
尊き同志の 健康・無事故を 祈り抜け! 声掛けも大事だ。 油断を排し魔を破れ

11月11日
さあ創立80周年へ 希望の大行進を! 我らは題目の勢いで 勝っていくのだ! 祈りこそ根本の力だ

11月10日
あの町で この家で 幸の花咲く座談会 君も勝て! 我も勝つ! 明年へ誓願の出発だ

聖教新聞ご案内 名字の言 2009年11月16日
 新型インフルエンザが本格的に流行している。患者の70%が14歳以下というだけに、家庭でのこまやかな配慮が必要だ▼体外に出たインフルエンザウイルスは、2〜8時間ほど感染力を保つ。手洗いやうがいを励行したい。ワクチンの予防接種に関しても、正確な情報を知ることが大切。予防接種は病状の重症化を防ぐためで、絶対にかからないというものではない▼健康は誰もが関心の高いもの。江戸時代の学者・貝原益軒の『養生訓』には、健康を増進するために忘れてはならない一字が記されている。「畏」の字だ。畏れるとは、自らの欲望をしっかり見詰め慎むことにも通じよう。「畏敬」という言葉があるように、「畏」には、わが身を大切にする心が秘められているように思う▼池田名誉会長は「人間は愚かであってはならない。賢く生きることです。賢明な智慧があれば、『健康で長生き』できるのです。仏法では、そうしたコントロールの智慧の力、生命力がもともと私たちに備わっていると説いています。それを引き出していくための信仰です」と▼“自分だけは大丈夫”などということはない。「断じて病気にならない」と強く祈り、予防に細心の注意を払う。自身や家族の健康を賢明に勝ち取りたい。(知)

2009年11月11日
2009年11月13日
2009年11月16日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo