創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
1月25日
SGIは人類の希望。 妙法という平和の種を さらに未来へ蒔こう! 地道な積み重ねが 勝利の花を必ず咲かせる。

聖教新聞 わが友に贈る

1月25日
黄金柱の壮年部よ! 行き詰まった時こそ 題目で切り開け! わが心に太陽を。 今日も新たに出発!

1月24日
「出会い」こそ宝! さあ勇気を出して 一歩を踏み出せ! 大誠実の対話で 友情の金の橋を!

1月23日
火の元に注意しよう! 外出時は声を出して確認 換気や暖房器具の点検も 慢心・油断を排して 絶対無事故の日々を!

1月22日
先輩は後輩を 自分以上の人材に! 後輩は 先輩を 追い抜いて進め! 切磋琢磨で勝利を。

1月21日
さあ語り合おう! 生きた体験に 勝る力はない! 喜び讃え合う座談に 功徳の花は爛漫と!

1月20日
世界広布の本陣 第2総東京の友よ! 一騎当千の勇者たれ! 題目の大音声を轟かせ 勝利 勝利の大行進を!

1月19日
「わが地区を 断じて日本一に!」 リーダーの 大いなる決意が 大いなる勝利を開く!

聖教新聞ご案内 名字の言 2010年1月25日
 黒澤明監督の映画に出演が決まった新人俳優の山崎努氏。「僕に務まるでしょうか」と不安げな青年に、監督は笑顔で語った。「映画ってね……みんなで苦労して、これが限界だというところまで頑張って、一カット一カット積み重ねて作っていくもんでね」。無名の新人に“一緒に苦労しよう”と呼び掛ける世界の巨匠。青年の胸が熱くなった(都築政昭著『黒澤明と「天国と地獄」』)▼学会にはなぜ青年が多いのか。ラジオ局の取材に、戸田第2代会長は「哲学が深いからです」と答えた。そして“だんだんと山を登るように、青年は哲学を究めようとする”と語り、「“山を目指して一緒に歩こう”と言っているのです」と▼人間主義の哲学を掲げ、全民衆を幸福に導く「広宣流布」の大山脈。その峰を目指して、共に励まし、一歩ずつ踏みしめて登攀するところに、青年の成長があり、師弟の道がある▼新入会者の入会動機は十人十色。しかし、紹介者の真心と情熱を挙げる声は多い。“一緒に頑張ろう!”と手を差し伸べる友の存在は、何物にも替えがたい善知識(善友)だ▼「恐るるな/また恐るるな/世界まで/妙法流布の/旅路楽しく」(池田名誉会長)。師と共に、同志と共に。そこに人間錬磨の王道がある。(弘)

2010年1月20日
2010年1月23日
2010年1月25日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo