創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば

3月29日
題目は無限の力だ。 目標を明確に 具体的に祈りゆけ! 威光勢力を増し 前進そして勝利を!

聖教新聞 わが友に贈る

3月29日
地区を支える 副役職の友よ いつも ありがとう! 皆様の尊き実践こそ 広布の原動力だ!

3月28日
さあ時を逃すな! 語りに語り 仏縁を広げよう! 歴史を創るのは 我らの勇気の声だ!

3月27日
交通事故を 絶対に起こすな! 細心の注意と 深い祈りを! 無事故こそ勝利だ。

3月26日
「いかなる病 さはりをなすべきや」 師子吼の題目で 病魔を打ち砕け! 断じて負けるな!

3月25日
さあ船出の時だ! 師弟・完勝の港へ 四国の友よ進め! 師子奮迅の力で 栄光の共戦譜を!

3月24日
リーダーならば 勇敢に打って出よ! 自らが壁を破った 喜びを語るのだ。 率先の行動者たれ!

3月23日
目標を明確に 祈りは具体的に いざ最高峰へ出発! 法華経の兵法で 断固と勝ちまくれ!

聖教新聞ご案内 名字の言 2010年3月29日

 「ひとりひとりの人間はいまや複数の帰属関係を生きる豊かな個人なのです。個人はその複数の帰属関係のどれかひとつに還元してしまうことはできません」――フランス現代作家の指摘である(R・ドゥブレほか著『思想としての<共和国>』みすず書房から)▼職場、学校、地域、家庭と、人はさまざまな関係のなかで生きている。どれもが大切な絆である。優劣をつけることはできない▼私たちの「創価の世界」とは、そうした関係性のすべてを生き生きと活性化させる舞台といえる。色とりどりの草花を育む「豊かな大地」にも例えられよう▼戸田第2代会長は、創価学会の組織は「戸田の命より大事」と語った。人間の絆をよみがえらせ、世界の人々を結びゆく民衆組織が、学会である。創価とは、いわば「メタ(=超)組織」。すなわち“組織を生かす組織”といってもいい▼脳科学者・茂木健一郎氏との往復書簡で、池田名誉会長は「組織といっても、その本質は、人と人の繋がりであり、生命と生命の連帯」と綴っている(「中央公論」4月号)。人と生命のための組織――これが「創価」の魂だ▼ゆえに、朗らかに友情の絆を広げる。友の笑顔のために尽くす。それが私たちの使命であり、誉れである。(克)

2010年3月29日
2010年3月27日
2010年3月25日
2010年3月24日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo