創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば
4月19日
学会は人材の城だ。 若き友を励ませ! 新しき力を伸ばせ! 祝賀の幹部会に 青年の大結集を!

聖教新聞 わが友に贈る

4月19日
和楽と常勝の わが地区・支部を 断じて世界一に! 強き祈りで 心一つに前進!

4月18日
時代を創るのは 青年の勇気だ! 真正の弟子が立てば 道は必ず開かれる。 君よ断じて続け!

4月17日
リーダーならば 「これほどまでに」と 思われるほど 友に真心で尽くせ。 それが広布の戦士だ!

4月16日
「平和」のために! 「民衆」のために! わが生命を燃やして 元気はつらつと進め! 我らは“青年学会”だ。

4月15日
大変な時ほど 笑顔を忘れずに! 明るい笑いの中から 勝利の力が生まれる。 心に太陽を抱け!

4月14日
愛する関西に 世界一の常勝城を! 信心しきった者が 最後は必ず勝つ! 不屈の師子と立て!

4月13日
いかなる逆境にも 決して退くな! 今こそ「まことの時」だ。 信心で立ち上がり 栄光の歴史を残せ!

聖教新聞ご案内 名字の言 2010年4月19日

 囲碁界初の5冠王、史上最速・最高勝率で700勝達成など、最強棋士との呼び声も高い張栩氏。幼少時から現在までの20数年間、練習碁でも手を抜かなかったという▼負けず嫌いを自負する氏が、一般の人のレベルを三つに分けている。第1は“その場だけ全力を尽くす人”。が、それは「負けず嫌いではなく、その場を楽しみたいだけ」と手厳しい。次の“準備を怠らない”レベルで、初めて負けず嫌いと称せる、と▼氏が示す真の負けず嫌いとは“人生を懸けて挑む人”。挑戦できる対象があるなら、一度は自身のすべてを注ぎ込むべき――壮絶な努力を重ねてきた人の勧めゆえに含蓄がある(『勝利は10%から積み上げる』朝日新聞出版)▼プロの勝負の世界に限らず、目標が定まっていても、人生を懸ける思いで行動することは、たやすいことではない。その点、創価の同志は頼もしい▼“人のために尽くしゆく広宣流布こそ、人生を懸けて悔いなき、名誉ある大目的!”。苦悩をも前進の力に変え、朗らかに献身の歩みを続ける。その筋金入りの負けじ魂が、周囲に感動と元気を送る▼御書に「一生空しく過して万歳悔ゆること勿れ」(970ページ)と。人生を真に豊かにする源泉は、利他の勇気にほかならない。(馨)

2010年4月14日
2010年4月15日
2010年4月17日
2010年4月19日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo