創価学会お仏壇
大唱堂

聖教新聞ご案内 今週のことば

5月3日
大勝利の五月三日 本当にありがとう! 学会は日本の柱だ。 創価は世界の光だ。 誇り高く勝ち進め!

聖教新聞 わが友に贈る

5月3日
晴れやかな 創価の日、万歳! 全同志に心から感謝! 新たな50年の勝利へ 共に元気に出発!

5月2日
偉大なる 婦人部ありて この50年は大勝利! 感謝の宝冠を 広布の母の頭上に!

5月1日
未来部の友は 一人も残らず 世界の希望の星! 次の50年は 君たちの大舞台だ!

4月30日
交通事故を 絶対に起こすな! 火の元、戸締まりにも 厳重に注意せよ! 油断大敵だ!

4月29日
自分自身を 日々変革しよう! 「一歩前進」の 若々しい気概で 対話の最前線へ!

4月28日
大九州の心臓部 福岡の同志よ! 信心の炎を燃やせ! 広宣の旗 高らかに 完勝の先駆を頼む!

4月27日
「未来」とは 自分で開くものだ。 「よし、やろう」と 決めて立て! 新鮮な息吹で進め!

聖教新聞ご案内 名字の言 2010年5月3日

 「一枚の写真から」とのテーマで行われた座談会。参加した友は、自らの「信心の原点」を物語る写真を持ち寄った▼婦人が取り出したのは、晴れ着姿の写真。「主人がいるから話しにくい……」と照れながら、結婚を機に入会した思い出を。夫の壮年も照れくさそう。信仰を支えに共に歩んで功徳に包まれた夫妻の姿に、会場は温かい雰囲気に▼別の婦人は、本紙に掲載された、池田名誉会長が出席した看護者グループの会合写真を手に当時を述懐。心身をすり減らす看護の現場で自信を失いかけていた。が、その集いに参加し、師の深い真心と期待に報恩の誓いを燃え上がらせた。「先生の励ましこそ、私がいつも立ち返る信心の原点です」▼わが胸中に原点を持った人は強い。人生の岐路に立った時、確かな幸福の軌道を歩み抜くことができる。その原点とは、他から与えられるものではない。試練と格闘する中で発見し、自らつかんでいくものだ▼池田名誉会長は語っている。「『師弟』という原点を持つ人生には、揺らぎはない。恐れもない。後退もない。『師弟』こそ、人生の勝利の究極の力である」▼千載一遇の「5月3日」。「師弟」という「信心の出発点」に立ち返り、はつらつとした生命で前進したい。(芯)

2010年4月28日
2010年5月1日

聖教新聞ご案内 SEIKYO online

聖教新聞
過去ログ
今週のことば

創価学会お仏壇仏具お店,数珠念珠と法華経日蓮に三色旗,東京大田区,埼玉鶴ヶ島,SOKA Butsudan SGI Nichiren

PCサイト
創価学会お仏壇

お問い合わせ
Taisyodo